気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 18・ 会山行、「光兎山」。     (2014年6月15日)

<<   作成日時 : 2014/06/20 18:04   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 15

気にかけながらなかなか登るチャンスに恵まれず、去年はじめて登った 「光兎山」。 今年もみんなと元気に登ってきました。      去年の 「光兎山」 はここをクリック。
      天候、晴れ。  光兎山(こうさぎさん)、966m。  参加者、34名(男性9名・女性25名)。
≪コースタイム≫
新潟駅南口(6:10)=中束登山口(7:25-7:40)…虚空蔵峰(9:00-9:15)…観音峰(9:30)…雷峰(10:20)…
山頂(11:25-12:30)…中束登山口(15:45)=日帰り温泉ゆーむ(16:30-17:30)=新潟駅南口(18:30)


7時40分、今年も中束(なかまるけ)登山口から登ります。
画像




                        ゆるやかなブナの林を心地よく進みます。
画像



                  1時間30分ほど歩いて虚空蔵峰(こくぞうみね)に到着。
画像
                            ここで最初の休憩です。




              次は観音峰。 観音様に今日の登山の無事を祈り急坂を下ります。
画像
                      いよいよ、ここからキツイ山歩きが始まります。




           急坂をどんどん下りブナ林の登り下りを繰り返して、雷峰(いかずちみね)に到着。
                        雷峰に登りきる少し手前に雷大権現。
画像



               「あれが光兎山♪ こっちに飯豊連峰も見える筈なんだけど♪」 と。
画像




                         ガスに見え隠れする光兎山。
画像
                          あの 奥のてっぺんまで登ります。




                  雷峰の急坂をいっきに下ると、今年初見のヒメサユリが♪
                             今年も見れました〜!
画像



                      今年は去年より花数が少ないように感じます。
画像画像
















                   ヤマツツジも負けず劣らず、見事に咲き誇っています。
画像





                       「姥石」も、優しく花たちを見守っています。
画像

画像





                  いったん途切れたヒメサユリが、またまた咲いています。
画像



                           露に濡れて咲いています。
画像画像















画像





                  ヒメサユリに癒されたあとは、あの急坂を登りつめて頂上へ。
画像





                             頂上到着で〜す♪
画像



             頂上は展望イマイチでした。でも充実感いっぱい! 笑顔の記念撮影です。
画像
                          




                       12時30分。 昼食後、下山開始で〜す。 
画像





              雷峰、観音峰、虚空蔵峰を無事下り、ほっと新緑のブナ林を戻ります。
画像





               午後からお天気も良くなり木漏れ日の中を登山口に帰って来ました。
画像
                            お疲れさまでした〜♪ 

                このあと、光兎神社にお礼参りし「日帰り温泉ゆーむ」で汗を流し
                            一路新潟へ♪

               リーダーはじめサブリーダー、参加された皆さま、お世話になりました。
              楽しい山行、有難うございました。 また山でお会いできることを楽しみに。
                                 (完)














                        

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒメサユリ、綺麗に咲き揃い可愛いですねー
ササユリに似ているけれど、薄ピンク色が可憐で何とも言えませんね。野生種は絶滅危惧種に指定されているとか聞きましたが貴重な花なんですね。
それが身近に見れるなんて羨ましいでーす♪
hanahana
2014/06/20 21:26
ヒメサユリ見れて良かったこと。この山 中々きついよな。雨なんか降ったら最悪だったけど、良かったね。
赤鬼
2014/06/21 05:21
hanahanaさま、いらっしゃいませ。コメント有難うございます。
野生種のヒメサユリは絶滅危惧種でしたか。こちらでは意外と身近に見られますので大して貴重な花などと思っていませんでした。
山歩きして見られる可憐なヒメサユリに癒され、とても親しみをもって眺めておりましたが 大切にしないといけませんね。 (*^_^*)
FUKU
2014/06/21 18:28
赤鬼さま、いつもコメント有難うございます。
高城や粟ヶ岳のヒメサユリは有名ですが、光兎山の野生のヒメサユリ何とか今年も咲いておりました。でも何だか花数が去年より少なかったように思います。きっと今年はなり年ではなかったのかもですね♪
午前中お天気が危ぶまれたけど 善男善女の集まりだったからでしょうか、だんだんお天気回復してきて後半は太陽も顔を出してくれました。
ホントに良かったです♪
FUKU
2014/06/21 18:44
紗藍梦さま、気持玉 有難うございます。
綺麗なシャム猫、可愛いですね。名前が紗藍梦ちゃんなのでしょうか??
FUKU
2014/06/21 19:10
私は、県内の山の名前を言われると、それはえ〜〜と、もう何年前かな行ったのは?
と言う程、超久しぶりなのです。
で、光兎山も何年前に行ったか忘れるほど昔です。
その時は小雨でガスっていて、まだ、デジカメ時代ではないので、カメラ画像も???
で、山頂の赤い可愛い鳥居の前で、ミニ宴会をしたことだけを覚えている始末でした。
久しぶりに行って、こんなにキツイ山だったっけ!!
て感じでした。
粟ケ岳も8日に行きましたが、かつて行った頃と比べると姫小百合の数が減り、花が小ぶりだったように感じました。
noritan
2014/06/22 03:57
おつかれさまでした。霧の通う光兎山は雰囲気が出ててステキですね。オイラは観音峰から雷峰と重なって見える光兎山も好きです。
しゃくなげいろ
2014/06/22 06:47
noritanさま、当日はお世話様でした。頂上付近で黒い雲が頭の上にきて雨が心配されましたが、いつか何処かへ行って晴れ ホントに良かったですね。
8日、粟ヶ岳へ行ってこられた後でしたか。凄い!です♪
私も山開きのあと行く予定にしていたのですが都合で駄目になり、今年は粟のヒメサユリはパスで〜す。 (*^_^*)
FUKU
2014/06/22 10:27
しゃくなげいろ様、コメント有難うございます。
観音峰から雷峰と重なって見える光兎山もいいですよね。今年はガスって雷峰も光兎山も見えず残念でした。
今年は二回目で山の様子も分かっていて楽しく歩けました♪
FUKU
2014/06/22 10:36
彩雲童子さま、はじめまして。沢山の気持玉を有難うございます。
「奥地蘭を日々楽む」なんて、ステキですね。 蘭の世界もなかなか奥が深く難しいようですが、いいご趣味ですね♪
FUKU
2014/06/22 10:51
ホントに、降らなくて良かった!
この山は、結構きついけどまた登りたくなる不思議な山ですね。やはり、前半のブナ林とヒメサユリ効果でしょうか?
昨年ほどでは無かったですが、気品があってヒメ様は大好きな花です。
山いろいろ
2014/06/22 16:20
山いろいろ 様、リーダーお疲れさまでした。
この光兎山は、また登りたくなる不思議な山ですよね。やはり、前半のブナ林とヒメサユリ効果なんでしょう。
野生種のヒメサユリ、絶滅危惧種とは知りませんでした。優しそうで気品があって素晴らしい花、大切にしたいものですね。
FUKU
2014/06/22 22:55
FUKUさま
会山行参加お疲れ様でした。
ヒメサユリも見れて雨にも遭わず何よりでした。
私も参加したいのですが、力量不足で断念、出来る事ならPowerを
分けて欲しいものです。
輝ジィ~ジ
2014/06/23 13:41
輝ジィ~ジ様、ご訪問有難うございます。
去年は晴天で汗びっしょりになりながら歩きましたが、今年は曇りのち晴れで、吹く風は涼しく後半のブナ林の歩きは本当に爽やかでした。
同じ山もその時の気象条件で随分違うものですね。いつも好条件で歩きたいものですが、こればかりは運ですよね。 (*^_^*)
FUKU
2014/06/23 20:18
鹿男さま、沢山の気持玉 有難うございます。
大東建託の元社員さまでしたか?、会社への思いがそこここに感じられるブログですね。
FUKU
2014/06/26 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
18・ 会山行、「光兎山」。     (2014年6月15日) 気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる