気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 19・ 会山行、「猫魔ヶ岳・雄国沼」。     (2014年7月4日)

<<   作成日時 : 2014/07/08 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 9

会山行に参加し 「猫魔ヶ岳・雄国沼」 を歩いてきました。
お目当ては猫魔ヶ岳を縦走して雄国沼一帯に咲く 「ニッコウキスゲ」 です。
当日の朝の新潟市は いちじ雨が止んでいたものの、早朝はかなりの雨が降っていました。バスの中で、「現地の天候しだいで、雄国沼のピストンだけになるかもしれません。」 とのリーダーの挨拶を聞き出発します。
       天候、曇り時々小雨。  参加者、22名(男9名・女13名)  猫魔ヶ岳1404m。
≪コースタイム≫
新潟駅南口(6:05)=八方台登山口(8:15)…猫魔ヶ岳山頂(9:45)…雄国沼休憩舎(11:15〜11:40)…
雄国沼湿(12:30)…雄国沼休憩舎(13:45)…雄国沼登山口(14:45)=ラビタス磐梯(15:05〜16:05)=
新潟駅南口(18:30)

            現地は曇り空、時折霧雨が感じられる程度で予定通り猫魔ヶ岳を登ります。
画像




                1時間ほど歩くと山道はガスって幻想的。 涼しく快調に進みます。
画像


 

                          急な岩場も頑張って登ります。
画像




「猫魔ヶ岳」 は、磐梯山の西に位置し、雄国沼を取り囲む外輪山の一つです。山名は昔化け猫が住みついて人を食べていたという伝説によるもの、あるいは、食料をネズミに食い荒らされて困っていた 慧日寺の僧がネズミ退治のため猫王を山に祀ったことによるものなどの説があります。


                        岩場を登りきると山頂でした♪
画像


山頂は東西に細長く、岩が地面から露わになっていて晴れていれば桧原湖方面が広く見渡せ、磐梯山や猪苗代湖も目前に見えるはずなのですが残念・・・  


                       ここの三角点は一等三角点でした。
画像画像

















            猫魔ヶ岳山頂から20分程歩くと猫伝説を彷彿させる猫石が見えてきました。
画像





                猫石はとても大きく、猫石というよりも猫岩がぴったりのようです。
画像





      猫石を右手に見て、霧で湿った山道をドンドン下ります。粘土質の滑りやすい道を慎重に下ります。
画像




                        途中、小さい沢を三回ほど渡ります。
画像




      猫石から1時間ほど歩いたでしょうか? 傾斜が緩くなり、何となく目的地が近いことが感じれます。

              
                      林が途切れ、雄国沼が見えてきました〜♪
画像



「雄国沼」 は、今から約50万年前の猫魔ヶ岳の火山活動によって誕生したカルデラ湖で、標高1089mのところにあってその面積は約45ヘクタール、周囲約4km、水深は深いところで8mくらいあるとか。


画像
                   爽やかな風を額に受け、雄国沼休憩舎に向かいます。


       この雄国沼湿原には春から夏にかけてミズバショウ、ニッコウキスゲ、レンゲツツジが咲き乱れ、
       タテヤマリンドウ、コケモモ、ワタスゲなど貴重な高山植物約280種を見ることができるそうです。

画像画像















        どうやら、お天気はもってくれたようです。 少し早いようですが、雄国沼休憩舎でお昼です。 
      少なかった休憩舎が、次第に団体さんや個人の人たちの到着でたちまち賑やかになってきました。
                   ほとんどが登山口からの雄国沼ピストンのようです。

画像




             昼食後、いよいよニッコウキスゲの群生する雄国沼の湿原へ向かいます。

画像

         湿原には一周約850mの木道が設置され、高山植物を間近に観察することができます。
              雄国沼植物群は昭和32年に国の特別天然記念物に指定されています。



              木道の先一帯にバーッ!と、黄色いニッコウキスゲの花 花 花 …!
画像
                      思わず、「わ〜〜!」 と、歓声があがります。


画像



                広〜い 湿原一帯に見事に咲いている様は、本当に圧巻でした!
画像



画像



              ニッコウキスゲの傍に可憐なラン系? の花も仲良く 咲いていました♪
画像





          このあと、雄国沼休憩舎から約1時間10分、「雄国沼せせらぎ探勝路」 で帰ります。
画像




                14時45分、雄国沼登山口到着です。 お疲れさまでした〜♪
画像



               この後、「ラビタス磐梯」で入浴 汗と疲れを流して帰路につきました。
       リーダーはじめサブリーダー、ラストリーダー、そして班長さん、会計さん、大変お世話になりました。
                        素晴らしい山行、有難うございました。

                                 (完)














                         

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ
雄国沼のニッコーキゲ、話には聞いていましたが綺麗ですねー
丁度いい日に行かれましたね。
人間は梅雨を嫌いますが花達にとっては有難い雨なんですね。
TAKA
2014/07/08 20:42
FUKUさま
こんばんは〜
会山行 目的のニッコウキスゲ満喫できたようで・・・
近頃?会山行トンとご無沙汰です。要反省ですね。
輝ジィ~ジ
2014/07/08 20:49
TAKAさま、コメント有難うございます。
今こちら、雷がピカピカ! ドン、ドーン!と、鳴り響いています。
ホントにいい時に行きました。
露に濡れて瑞々しいニッコウキスゲ、本当に綺麗でした♪ 
その後、台風が発生して大荒れになってしまいました。雨もほどほどがいいですね。 (*^_^*)
FUKU
2014/07/09 11:05
輝ジィ~ジさま、おはようございます。
いえいえ、何をおっしゃいますか。あっちこっちと精力的に登られている様子、楽しく拝見しております。 (*^_^*)
山に詳しい方は、やっぱり違いますね。羨ましく思います♪
FUKU
2014/07/09 11:19
”PeRo”さま、沢山の気持玉を有難うございます。
台風前にいつもより早く家を出られ手塩にかけた野菜収穫されましたか♪ 随分沢山の種類の野菜を作っておられるのですね。
”PeRo”さんの元気の源でしょうか。
FUKU
2014/07/09 11:36
霧が捲いて猫石の鎮座する猫魔ケ岳に、キスゲ咲く開放的な雄国沼。伝説の山を皆でわいわい歩くって何かとっても楽しそうですね。
しゃくなげいろ
2014/07/09 20:28
去年個人で行ったよ。気持ちの良い歩きだったよ。帰り登山口(八方台じゃない)で
登山靴拾った。しばらく待ったが誰も来ないので交番に届けようと持ってきた。
赤鬼 
2014/07/10 07:09
しゃくなげいろ様、ご訪問そしてコメント有難うございます。
いつか歩いてみたい、見てみたいと思っていた「猫魔ヶ岳とニッコウキスゲ」でした。
ちょうどいい時期に行かれて満足で〜す♪
FUKU
2014/07/10 10:52
赤鬼さま、去年そんなことがあったのですか。思い出に残る出来事ですね。 (*^_^*)
赤鬼リーダーの山行の車山のニッコーキゲも良かったですが、雄国沼のニッコウキスゲ、話の種に一見の価値ありますね♪
FUKU
2014/07/10 11:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
19・ 会山行、「猫魔ヶ岳・雄国沼」。     (2014年7月4日) 気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる