気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 30・ 紅葉の 「京都 散策」、そのU。      (2014年11月29日〜30日)

<<   作成日時 : 2014/12/06 22:15   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 13

                  翌日の大原は朝日が燦々と輝くいいお天気になりました。
    紅葉の 「京都 散策」 の二日目は、「白砂村荘」。「哲学の道」 を歩き モミジで有名な 「永観堂」 を巡ります。


               AM 9時30分、ご婦人二人の琴の演奏はさすが古都大原の里です。
画像



画像



                        琴の音に見送られて宿を出発します。
画像






                         今日の初めは、「白沙村荘」です。
画像
     大正・昭和にかけて活躍した日本画家 橋本関雪が30年かけて造営した邸宅を利用した記念館です。



             建物や3500坪ある池泉回遊式の庭園は関雪自信の設計によるものとか。
画像



                          国指定名勝になっています。
画像




     大文字山を借景とした庭園内には、建造物と共に平安・鎌倉から桃山時代の石仏や石灯篭などの
                      石造美術が約180点配置されています。
画像




                      ハラハラと池に散るモミジが印象的でした。
画像




                        竹林の石仏にほっと心が なごみます。
画像
                          落葉のイチョウが綺麗でした。





                    次は、高校の修学旅行以来初めての銀閣寺です。
画像




         フレンドリーな外人さんに声をかけられドキドキしながらシャッターを切ってやりました♪
画像




    写真などで良く見かける銀閣寺。「わび・さび」 の代表建築で:境内は落ち着いた色彩に囲まれています。
画像




           四季折々素晴らしい姿を見せてくれるとか。 雪の銀閣寺も見てみたいものです。
画像





画像
            室町幕府 8代将軍足利義正が建立。銀閣寺は通称で正式には東山慈照寺。
             



画像





画像




                    外人の親子、お母さんに誘われて来たのでしょうか。
画像
                           国際色豊かな銀閣寺でした。





                    つぎに銀閣寺をあとに、「哲学の道」 を歩きます。
画像




              川面に紅葉したモミジが写り橋の上では画家? がスケッチしています。
                    それを覗き込む通行人、とても長閑な休日です。
画像




          西田が詠んだ歌 「人は人吾はわれ也 とにかくに吾行く道を 吾は行くなり」 の石碑
画像
       「哲学の道」 とは、哲学者・西田幾多朗が思索にふけりながら好んで散策したことに由来する。



画像




画像




画像




画像




画像




            哲学の道の最終地点まで歩き、そこから市街に入り 「永観堂」 に向かいます。


           古今集に「モミジの永観堂」と詠まれるほど、数ある京都の紅葉名所のなかでも、
                       ひと際紅葉の美しさで知られています。
画像




                     約 3000本のもみじが境内に広がっています。
画像





画像





画像





画像





画像
          本尊の慈愛に満ちた優しい雰囲気の見返り阿弥陀は肩越しに振り返る珍しいもので、
                  7 世住職の永観を励まし導いた姿といわれています。




画像
                             




画像
                             堂内は撮影禁止でした
    この寺は、永観堂の呼び名で親しまれていますが正式名称は無量寿院禅林寺(ぜんりんじ)といいます。




画像
               登ったり下ったりする渡り廊下がなんともいえない素敵空間でした♪




画像
    永観堂は京都に3箇所あった勧学院(学問研究所)の一つでもあり、古くから学問(論義)が盛んでした。





画像
                        堂内から外に出て多宝塔に登ります。




                     急な階段を上がると京の街が一望できました。
画像





                          ちょっとズームしてみました♪
画像





                           多宝塔を降り庭園に戻ります。
画像





                   素晴らしい朱色の もみじ に、うっとりと言葉がありません。
画像



画像





画像
                      庭園を巡り ようやく出口近くに戻ってきました。


画像
                        落ち葉の絨毯に木々のシルエットが〜♪



                                  *


                 正午をだいぶ過ぎた13時25分、ここ 「白河院」で昼食です。
画像
                庭園を眺めたり、ゆったりと食事したあと一路新潟に戻りました。

                  晩秋の二日間、これが今年最後の紅葉だったでしょうか。
                    素晴らしい紅葉が見られ満足感でいっぱいです♪

                                  (完)









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
凄い、見事な紅葉ですねー!
山ではこういう紅葉は見られませんね。品種が違うのでしょうか?手入れや肥料が違うのでしょうか? 人工美の紅葉ですが、それはそれ これはこれで やっぱりいいものですね。
TAKA
2014/12/07 10:24
 居ながらにして、見事な京都の紅葉見物をさせて戴きました。
山での岩場にかかる紅葉も好きな風景ですが、和風建築に映える紅葉はやはり京都ならこそですね。
年末にいい旅行をされましたね。
山いろいろ
2014/12/07 11:06
こんばんわ
暖かそうな晴れたいい時に行かれましたね。どの写真もみんな良く撮れています。特に多宝塔からの二枚は私好みのいい写真だと思います。
私も今年は無理ですが薄っすらと雪の積もった銀閣寺をいつか撮って見たいと思います。その時はお友達と如何ですか?
nabe
2014/12/07 17:46
TAKAさま、いつもコメント有難うございます。
そうですね。山ではこういった美しい紅葉はなかなか見られません。苦労無しで撮れる有難い被写体です♪(*^_^*)
この美しさは人知れず陰のご苦労あっての賜。感謝で〜す。
FUKU
2014/12/08 10:22
山いろいろさま、コメント有難うございます。
この備忘録としてはじめたブログが皆さまに見て頂けて嬉しいというか恥ずかしいというか・・・
歳いって どこにも出られなくなった時、私自身のいい思い出として慰めになればと思っています。 (*^_^*)
FUKU
2014/12/08 10:39
nabeちゃん、お褒めのお言葉 恐縮しております。有難うございます。
そうー 冬の京都いいらしいですね。来年のことを言うと鬼が笑いますが、来年是非ご一緒したいですね♪ (*^_^*)
私の写真撮りは記録を残す感が強く上手く撮れません。難しいですね。
FUKU
2014/12/08 10:55
”PeRo”さま、沢山の気持玉を有難うございます。
今年は大根豊作みたいですね。  
いろいろ大根料理が食べれていいですね。 嬉しい悲鳴が出ているのではないでしょうか。 (*^_^*)
FUKU
2014/12/08 11:13
冬もみじっていいですね。ちょっとくすんだ色合いに癒されます。高校の修学旅行で親爺に借りたライカで撮った銀閣寺。見ると思い出しますね。
しゃくなげいろ
2014/12/10 21:07
ワォ! 凄いなぁ〜!♪ ライカカメラって、ドイツのカメラですよね。当時のことですから大変貴重なもの、お父様はハラハラしながら貸し出されたことでしょう。 (*^_^*)
セピア色に染まった懐かしい写真。青春の思い出がいっぱいですね。
FUKU
2014/12/10 22:38
FUKUさま
またまた要らぬ※で済みません。
哲学の道は何度も歩きました。
従って慈照寺銀閣も3度ほど。
只 関雪の「白沙村荘」は何時も横目で眺めるだけ、
更に永観堂も入口の前まで(永観堂は有名なので矢鱈拝観料が高い)(笑)
つまり貧乏なのです。
TVのサスペンスものなどでしばしば出る祇園白川辺りも良いですよ。
輝ジィ~ジ
2014/12/18 09:36
輝ジィ~ジさま、訪問及びコメント有難うございます。
輝さまは、山ばかりでなく京都などもお詳しいのですね。
恐れ入りました〜 (*^_^*) 
祇園白川辺りもおすすめですか。有難うございます。
今度?、訪れる時の参考にしたいと思いま〜す♪
FUKU
2014/12/18 14:04
ご無沙汰しておりました。
雪景色の美しい越後の山行かと思いましたが
晩秋の京都だったんですね
哲学の道から永観堂の紅葉ロード
さすが見応えありますね
今年は山の紅葉も一際鮮やかだったそうですが
ちょっとアクシデントがあり山から遠ざかっています。
今年はお世話になりました。
どうぞ良い年をお迎えください
清兵衛
2014/12/27 18:15
清兵衛さま、沢山の気持玉とコメント有難うございました。
こちらこそご無沙汰してしまいました。ちょっとアクシデントがあったとか、何があったのでしょう?
私も風邪から肺炎になりかかって、12月は大事をとって山はひかえておりました。
来年の1月あたりから無理しないで楽しみながら少しずつ山に登ろうと思っています。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。良い年を〜〜
FUKU
2014/12/28 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
30・ 紅葉の 「京都 散策」、そのU。      (2014年11月29日〜30日)  気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる