気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 12・ 北アルプス展望 in 八方尾根。        (2015年4月11日〜12日)

<<   作成日時 : 2015/04/14 10:15   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 9

1週間 くもりや雨のつづく中、11日が曇り 唯一 12日が晴れの天気予報で、翌13日からまた雨模様。 愚づ付いたお天気に挟まれた貴重な晴れの日をどうやって過ごそうかと悩んでいるさ中、写真撮りに 「白馬」 に行かないかと誘われ渡りに舟と行ってきました。 場所は八方尾根。 「無理しないで楽しんで来よう、八方池 辺りまで行けたらいいね♪」と、出かけました。

         7時30分 自宅を出発します。糸魚川で昼食を食べ小谷経由でのんびり下道を走ります。
        宿の近くに福寿草の咲く親海湿原があるとかで、4時頃まで福寿草の写真撮りの予定です。     
画像


                  ところが、親海湿原に行ってみると、まだまだ沢山の雪。
画像画像















                雪融けは進んでいるようですが、なかなか花は見られません。
画像




                    それでも諦めきれず探すと、咲いていました〜♪
画像



画像画像

















画像





        湿原を離れた日当たりのいい道の斜面に 沢山咲いていて、思わず足を止めて撮りました♪
画像


画像画像
















                PM 4時05分、 何とか福寿草も見れ満足してチェックインします。
                     
                    素泊まり3400円。 寝室は二段ベットの4人部屋。                  
画像
                         外人さんに人気の宿のようです。


 共有スペースにインターネット、炬燵、テレビ、ソフアー。
画像画像













                                       キッチンの使用は自由。コーヒー、紅茶 無料。



              AM 8;00 の一番のゴンドラに乗れるように、少し早目に宿を出発します。

         石仏の道祖神の前に 木に顔を書いた仏さま? が、可愛らしくいっしょに迎えてくれます。
画像


画像





                         「第一ケルン」 まで上がります。
画像
                   通常は8時 運行なのですがこの日は7時30分でした。




画像




                       リフトに乗って見る鹿島槍と五竜岳♪
画像




               本当は↓ここに、泊まる予定にしていたのですが予約がとれなくて。
画像
                八方山荘前でアイゼンを付けるなど身支度を整え登りはじめます。




               雲一つない 天気に汗ばんできます。 休憩して衣服を調整します。
画像




                       前も、後ろからも・・・。  隊列が綺麗〜
画像





           雪の斜面を登るのは終盤を迎えているのでしょうか。 雪に亀裂が入っています。
画像





                 振り返ると絶景が! このお天気、夕方から崩れるのだとか。
画像





                           白馬連峰が見えてきました。
画像





           今日は出来れば、一番左のお椀を伏せたような丸山まで行けたらいいのですが。
画像





                        若者のグループが休憩? しています。
画像
                 もしかしたら、ここから滑り降りようとしているのでしょうか? ?




                       遠くで、別のグループが何かやっています。
画像



                           雪壕?を、作っているようです。
画像





                      更に進んで、八方池の様子を見に向かいます。
画像
     池は見当たりません。 周りの雪が融けて水が溜まらないと駄目? それとも雪の下なのでしょうか? ?


画像
                  小グループが見覚えのある石祠の近くに休憩しています。





            私達もかつて、尾根からあのダテカンパの林の中をぬけ唐松岳に向かいました。
画像
                   今回は、時間も体力もなく ここまでを前進限界とします。

             ぼーと、大自然に身をゆだね、心地よい休憩に心身共にリフレッシュします♪


               いつまでも山を見ていたいけれど新潟まで帰らなければなりません。
                           山々に別れを告げ帰ります。 
画像
                              また来ま〜す。





             帰りのゲレンデではキッズのレースがあるらしく小学生がいっぱいでした。
画像



             のんびりゆっくり♪ 11時59分、「うさぎ平」 に予定どうり帰ってきました。
画像





                  帰りのゴンドラ駅で見た福寿草がとても印象的でした。
画像

        何とかお天気に恵まれ貴重な晴れの二日間、素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。
                  まだまだ未熟な私、有難うございました。 また誘ってネ♪

                                 (完)















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
長野の湿原はまだ雪がいっばいなんですね。それでも初々しい福寿草、咲いていて良かったですね。綺麗です。
山はスケールが違いますねー。残雪が何となく春めいて大自然の中の人間がちっぽけなものに見えますね。
hanahana
2015/04/14 17:15
八方尾根へ行かれましたか。晴れた日に雄大な山々素晴らしかったことでしょう。
泊まられた宿は少し珍しい施設ですね。旅館でもホテルでも山小屋でもなく外人さんに人気なんですね。きっと口込みで広がったのかな? 小規模で綺麗で便利そうですね。
TAKA
2015/04/14 20:10
FUKUさま
こんばんは〜
残雪と紅葉の八方尾根、併せて何十回も歩きました。
3月半ばのお天気が良い、新潟から唐松岳まで日帰りできますよ。
私は懐が淋しいので宿泊費無いのです。(恥ずかしい)
遠見尾根もお勧めですよ。
輝ジィ~ジ
2015/04/14 21:53
いい時間を過ごされましたね。早春の八方尾根、青春時代を思い出しました。(笑)
しゃくなげいろ
2015/04/15 06:05
hanahanaさま、コメント有難うございます。
そうなんです。まだまだ雪がいっぱいで福寿草の蕾をやっと探し当てた時、その可愛らしさに感動しました。よくぞ芽生えてくれたネ!と、愛おしさを覚えました♪
白一色の雪の山も素晴らしいですが、少し地肌が見える残雪期も捨てがたい美しさがありますよね。 (*^_^*)
FUKU
2015/04/15 10:22
TAKAさま、コメント有難うございます。
二日目の午前中、予報どうり晴れてくれてラッキーでした。(そのうち段々モヤってきました。)
泊まった宿、とても合理的にできていてお値段もリーズナブルで外人さんに人気の宿とか。スタッフも英語? で対応しており、室内の案内等も英語標示で日本人の我々が戸惑う位でした。(笑)
FUKU
2015/04/15 10:38
輝ジィ~ジ様、ご訪問コメント有難うございます。
さすが超ベテランの輝さま、凄〜い♪  
八方尾根、新潟に意外と近く訪れやすいんですよね。遠見尾根もいいですよね。(*^_^*)
有難うございます。今後の参考にしたいと思います。
FUKU
2015/04/15 10:52
しゃくなげいろ様、ご訪問コメント有難うございます。
はい。とてもいい時間を過ごさせてもらいました。感謝です。
八方尾根、私も甘酸っぱい青春の思い出がいっぱい。 山を眺めながら、あんなことこんなことを思い出しておりました。歳ですね。(笑)
FUKU
2015/04/15 11:14
”PeRo”さま、いつも気持玉有難うございます。
今回は、菅原神社(すがはらじんじゃ)通称名;方除天神ですか。
菅原道真公を祀り、鬼門除けの神様なのですね。素晴らしい狛犬がいっぱいの神社ですね
FUKU
2015/04/15 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
12・ 北アルプス展望 in 八方尾根。        (2015年4月11日〜12日) 気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる