気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 20・ 涼と花を求めて白馬岳。B             (2015年8月15〜17日)

<<   作成日時 : 2015/08/21 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 9

                   16日 AN 10時55分、白馬岳 (2832.2m) 登頂です。

       恒例のごとく頂上の方位盤で山々を同定しようと上がってみると、お賽銭があがっています。
                 日本人らしいですね。何故か思わず笑みがこぼれました。
画像




                久しぶりに白馬岳の頂上を楽しんだあと、白馬山荘まで下ります。
画像
                         お昼は白馬山荘で頂きます。




         広いザレた道の脇には、トウヤクリンドウやヨツバシオガマとシロツメクサのコラボなど。
画像画像


















          お昼は牛丼でした♪ お腹が空いていたこともあってとても美味しく頂きました。
画像





          今日の宿は 「村営白馬頂上宿舎」、あの右の道を下って左下に見える宿舎です。
画像
               晴れていると白馬鑓や杓子岳、遠く立山まで綺麗に見えるのですが。



               途中珍しい花に出会いました。エゾムカシヨモギというのでそうです。
画像
                    とても小さい花で、アズマギクの仲間だそうです。


画像





            花に誘われてたいぶ下まで降りてきました。白馬岳が霧に霞んで見えます。
画像
                ここから左に下りると今日の宿の 「村営白馬岳頂上宿舎」 です。



                宿舎のまわりはウサギギクやリンドウなどのお花がいっぱいです。
画像画像

















      いつもあの大きい白馬山荘に泊まって、今回の村営白馬頂上宿舎に泊まるのは初めてでした。
   外見は地味な感じですが中はなかなか小綺麗で広く、職員の対応も丁寧でとても感じのいい宿舎でした。
       出された食事も手作り風で美味しく今まで泊まるチャンスがなかったことが悔やまれます。


     昨夜は一晩中雨風が強く荒れていたけれど、朝は雨も小降りになり風も少し穏やかになったようです。
                     AM 6時30分、雨風の中 宿舎を出発します。
画像




                 風が唸っています。滑らぬよう、つまずかないよう、必死に下ります。
画像
               お花が沢山咲いているようなのですが、見ている余裕がありません。




                   途中、緊急避難小屋に避難し風の弱まるのを待ちます。
画像




               今回 小雪渓は雪が無くなり その分岩の厳しい下りがつづきました。
                    雨で川状態になった岩の下り道 注意深く歩きます。


                           大雪渓に入りほっとします。
画像
                     ヘルメットを付けた団体さんとスライドします。



                    落石のこないような場所を選んでアイゼンを付けます。
画像





      日本三大雪渓の一つとされる白馬大雪渓その規模は約2q、標高差600mに及んでいるとか。
画像
             ガスって遠くが見えません。視界どの位でしょうか? ジグザグに下ります。




  しばらく歩くと ようやく霧も晴れ、山側に登山道が見えてきました。雪渓歩きから登山道歩きに変わります。

                  道傍のホトトギスの花がひと際 生き生きと印象的でした。
画像


                     この後、白馬尻小屋を経て猿倉荘に到着です。
           最後の三日目、お天気が崩れて雨風に見舞われたけれど、これもいい経験でした。

               思い出深い白馬岳、来年も登れるでしょうか? 登りたいものですが…

                                  (完)














月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お花の白馬岳と、とても優しいイメージですが下りの大雪渓 荒れたお天気で大変でしたね。でもご無事に生還されなによりでした。
村営白馬頂上宿舎、いいところにあるいい宿舎ですよね。また泊まりたいと思わせる宿舎です。
TAKA
2015/08/22 09:57
TAKAさま、コメント有難うございます。
ホントに三日目はお天気大荒れで難儀しました。雪のない登山道の下りは道が川のようになっていて靴などはびしょびしょ、滑らないように気をつかいました。
大雪渓になってホッと一安心しました。
FUKU
2015/08/22 19:25
雨の大雪渓下りお疲れ様でした。村営宿舎に一度泊って見たいな。3連続シリーズ面白く拝読させてもらいました。
しゃくなげいろ
2015/08/22 19:31
しゃくなげいろ様、拙い3連続のページしっかり見ていただいて有難うございます。
村営宿舎、そんなに大きくないですがとても感じが良くお勧めです。一度泊まってみられるといいかと思います。
FUKU
2015/08/23 18:33
”PeRo”さま、いつも気持玉を有難うございます。
今回は、生根神社(いくねじんじゃ)通称名;上の天神ですか。
洪水で流された西宮神社の神体が当地に流れ着きこれを祀っていたが、西宮神社に神体を返還した後も分霊を奉祀したのが当社の創建とか。興味深い話ですね。
FUKU
2015/08/23 20:07
大雪渓の下りは初めてだつたのですが、私の4本爪のアイゼンが何回もずれたりはずれたりして皆さんにご迷惑をかけて済みませんでした。
それと大雪渓で一番驚いたのは、団体さんの傍を大きい岩が滑り落ちて行ったことでした。あれがまともに当たったら大変でしたね。実際目の前で体験するとその恐ろしさが今でも蘇ってきます。
何事もなくって良かったですね。
hanahana
2015/08/24 10:20
hanahanaさま、ホントに何事もなくて良かったです。
水が流れるような何か擦れるような音で、何だろうと想像がつかなくて、そしたら大きい岩が団体さんの脇を流れるように落ちていってビックリました。
怖かったですね。ホントに何事も無く良かったですね。
FUKU
2015/08/24 20:37
FUKU さま
今更 ※失礼。
へタレ爺も今年は久しぶりに白馬と―へ行きたいと思いつつも
機会を失してしまいました。
もう行くチャンスは無いかも・・
村営白馬山頂小屋も昔 泊まったこと有りました。
時期的に夏道の小雪渓、雨で難儀でしたね。
輝ジィ~ジ
2015/10/11 11:40
輝ジィ~ジさま、コメント有難うございます。
ドジな私で、コメント頂いたのすっかり見落としてしまい大変レスが遅くなってしまいました。申し訳ありません。
季節もだいぶ進み、すっかり秋になりブログアップしておりませんがそれなりに秋の山歩きを楽しんでいる昨今です。
FUKU
2015/10/24 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
20・ 涼と花を求めて白馬岳。B             (2015年8月15〜17日) 気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる