気ままに・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 3・ 金時山 と、旧箱根街道。 A        (2016年1月23日〜24日)

<<   作成日時 : 2016/01/28 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

                   1月24日の朝は「曇り」ですが午後から「晴れ」とか。
      今日は箱根旧街道を芦ノ湖まで歩きます。 史跡をたどり江戸時代の旅人気分に浸ります。


  7時30分。 御殿場の宿の玄関前から、昨日ちっとも姿を見せてくれなかった富士山がお出迎えです♪、
画像

                                 



       今日は朱色の文字の現在地から黒点をたどり、芦ノ湖まで行き 箱根神社にお参りです。
画像



画像

         ♪ 箱根の山は 天下の(てんかの=この国(世)中で一番の)嶮(けん=険しいところ)
          函谷關も(かんこくかんも=中国長安の都を守るため険しい谷合に設けた関所も) 
                 物ならず(ものならず=ものの数ではない、比ぶべくもない)



                               須雲川渡渉
画像

               ♪ 萬丈の(ばんじょうの=1丈は10尺約3.3mで、非常に高い)山 
            千仞の(せんじんの=1仞は1尋に同じで約6尺、2m弱で、非常に深い)谷



                                石割り坂
画像
                      曽我五郎が富士の裾野に仇討ちに向かう時、
         腰の刀の切れ味を試そうと路傍の巨石を真っ二つに切り割ったところと伝えられています。




画像
            この付近の石畳は江戸時代初期、石畳施設当時構造を今に伝えています。
       石畳は小石と石を組み合わせて並べており、さらに石畳の横に縦の排水路を持っています。
                 また並木が植わっていた土手も人工的に造られたものです。


                              石畳の大沢坂
画像



                        
江戸時代初頭、徳川幕府はその支配体制を盤石なものとするため、江戸と各地を結ぶ幹線街道の整備に着手しました。なかでも重要な役割を担ったものは 「五街道」 と呼ばれるようになり、東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道がそれにあたります。

画像



画像




箱根旧街道は、東海道の一部に含まれる峠道であり、東海道一の難所とされて多くの旅人を苦しめていました。標高1000mほどの箱根峠が、それほどの難所とされた理由のひとつは、その勾配の厳しさです。
また、雨や雪など降ると足がすねまで泥に沈んでしまうほどで、その歩みは非常に困難となったといいます。


                               箱根路を行く
画像




その状況を憂慮した徳川幕府は延宝8年 (1680年) に公金1400両という大金を費やして、石畳を設置。この石畳は数度の改修や補修を重ねて、現在でもその多くを見ることができます。

画像





                           箱根旧街道・畑宿一里塚
画像
             畑宿の一里塚は江戸日本橋から23里目に当たるもので箱根町の中では
                       唯一往時の様子を現代に伝えるものです。

     一里塚は、旅人にとって旅の進み具合が分かる目的であると同時に、塚の上に植えられた木は、
          夏には木陰をつくり冬には寒風を防いでくれる恰好の休息場所にもなりました。



       峠道から少し戻って、寄木の里で箱根名物寄木のお土産を買い求めることが出来ました♪
画像

 
                    展示されていた素晴らしい寄木模様と寄木のお神輿
画像画像


















                    東海道・箱根地域 における 「甘酒茶屋」 について
画像
     当時の旅人が普通1日十里を旅するところ箱根地域では道が険しく八里しか歩けなかったようです。
                当時 「甘酒」 が疲労回復に役立っていたと言われています。




画像
          「甘酒小屋」 は、この地に4軒あったところ明治13年(1880年) 国道1号の開通などから
             街道を歩く人が減少して 現在ではこの地に1軒が残るのみになっています。



                 昔の旅人のように甘酒で疲れを癒し再び歩きはじめます。
                           元箱根まであと40分とか。
画像





                  昼時といえど、木陰に入るとヒンヤリする箱根路でした。
画像

       ♪ 昼猶闇き(ひるなおくらき=日中でも木の下闇で暗い) 杉の並木(=関所前の杉並木)
        羊腸の(よぅちょうの=山羊の腸のように曲がりくねった)小徑は(しょうけいは=小道) 
                   苔滑か(こけなめらか=苔が一面にむして滑り易い)



                               ハコネダケ
画像
それまで尾根伝いに通っていた湯坂路に替わり、須雲川に沿った谷間の道が東海道として整備され当初は箱根に群生するハコネダケという細竹を毎年敷き詰めていたようです。その後、石畳に替り現在に至っています。



                      箱根旧街道も終盤に近ずいたようです。
画像





                       目の前に突然、芦ノ湖が見えてきました。
画像
                       風が強くまるで海のように波うっています。




                「入り鉄砲と出女」? と、なかなか厳しかった箱根関所を通過。
画像




         ラッキー!♪ 晴れてきました! 富士山展望のビューポイント・恩賜公園へ急ぎます。

                            富士山と、箱根駒ヶ岳。
画像画像
















                      嬉しくって!、富士山をズームしてみました♪
画像
                           湖面の美しさが印象的でした。 





                      満足感いっぱいで、箱根神社にお参りです。
画像



画像



                             長い石段を登りきると・・
画像





                     このあと、イタリアレストランで遅めの昼食🎶 
画像                        画像













                             (このほかパスタも。)


画像
                            そして、一路新潟へ。


             ところが大変! トンネルをぬけると、厳しい雪国の現実が待っていました。

                      高速道路、糸魚川〜新潟 間が不通です。
          国道8号線は大渋滞! 新潟南口に着いたのが真夜中の1時30分を過ぎていました。
            そこからタクシーを待って、乗り合わせて家についたものの膝上ほどの積雪で、
                    雪の中を泳ぐ感じで裏口にまわり家に入りました。

                                  (完)











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
旧箱根街道とユニークな歴史街道歩き晴れて富士もバッチリ!良かったですね。寄木の里にも立ち寄られた様子、箱根を存分に堪能されたことでしょう。
私も旧箱根街道を歩き、温泉宿に泊まりたくなりました。
TAKA
2016/01/28 21:40
我々にとって富士山は特別の存在だよね。県内は勿論何処に行っても富士が見えると
富士だあ と言って歓声をあげる。あの大渋滞に逢ったんだ。大変だったね。天国と地獄だね。
赤鬼
2016/01/29 08:36
TAKAさま、コメント有難うございます。
箱根、意外と知らない事が多く今回はとても楽しく歩くことができました。まだまだ知らない楽しいことがありそうで楽しみです。
楽しい二日間を過ごさせていただきました〜♪
FUKU
2016/01/29 09:59
赤鬼さま、コメント有難うございます。
そうなんですよね。これまで沢山富士山を見ていますが箱根からの富士はまた格別のもの、見れて良かった! です。
帰りの渋滞、いい経験しました。 (^◇^)
FUKU
2016/01/29 10:09
”PeRo”さま、沢山の気持ち玉を有難うございます。
今回は由義神社(ゆぎじんじゃ)ですね。沢山の拝殿前の狛犬を興味深く見せて頂きました。
FUKU
2016/01/29 10:21
FUKUさんのレポートを読ませてもらって私もちょっぴり江戸時代の旅人気分になり旧箱根街道一度歩いてみたくなりました。ブラタモリのテレビ番組を見ているようでした。
富士山見れてよかったですね。
向日葵
2016/01/29 19:35
向日葵さん、ホントに史跡いっぱいの旧箱根街道歩きはまるで 「ブラタモリ」 に出ているようでした♪
富士山、第1日目に見れなかったので見れた時は感激! 新潟から出かけてきたので見れなかったらガッカリですよね。良かったです。(^^♪
FUKU
2016/01/30 20:54
今日は富士山が見えましたね。芦ノ湖と富士山はベストマッチングですよね。(笑)
しゃくなげいろ
2016/02/02 20:27
しゃくなげいろ様、コメント有難うございます。
はい。この日はどうにか待望の富士がみられました。嬉しさよりホッとした気持ちです。(笑)
雪の箱根路も乙のものでした。熱々の甘酒おいしかったです♪ (笑)
FUKU
2016/02/02 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
3・ 金時山 と、旧箱根街道。 A        (2016年1月23日〜24日) 気ままに・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる